「口コミの正体」の補足~100Mの巨人現る~

巨人※画像出展:http://cgworld.jp/regular/animecg/cgw178-kyojin.html

口コミの図は、複雑系ネットワークといふ

今年の6月に書いた「口コミの正体」が、佐々木俊尚さんのおかげでたくさんの方に読んで頂けました。ちょっと補足して色々説明しようと思います。

このエントリでご紹介したハブ(インフルエンサー)から情報が広まる図ですが、この図はインターネット以外の情報伝達においても同じ経路になります。この情報伝達のネットワークのことを「複雑系ネットワーク」と呼びます。kuchi_03モノゴトが広まる影には、何事もハブ(インフルエンサー)が重要な役割を果たしているのです。例えば、面白いことを知っても友達に伝えるのは1人か2人というのが普通ですが、ハブ(インフルエンサー)は、10人や20人、100人以上に伝達を行うのです。

噂や病気など、人から人に伝わる伝達は、必ずこの複雑系ネットワークと呼ばれる経路を経由しているのです。また、これをインターネットのサイトに置き換えても同じことが起こります。Yahooはハブ(インフルエンサー)で、大量に他のサイト(ノード)にリンクを貼っています。インターネットの構図を上から俯瞰しても、やはりこの複雑系ネットワークの形になるのです。

インターネットの登場が、身長100mの巨人を編み出した

インターネット登場以前は、いくら知り合いが多いといっても、1人あたりの知り合いの数なんてたかが知れていました。せいぜい数百人から数千人です。これをグラフにするとベル型カーブになります。知り合いが1人しかいない、あるいはいないという人はごく少数、そして平均的な数の知り合いを保有する人々が一番多く、数百人以上の知り合いを持つ人はほんのわずかです。このベル型カーブは、クラスメイトの身長分布や50M走のタイムでも姿を現します。
ベル型カーブ

左:ベル型カーブのグラフ 右:べき乗型カーブのグラフ

しかし、インターネットの登場により、身長100Mの巨人が練り歩くような世界になりました。ベル型カーブが崩壊し、身長100Mの巨人が現れるようになったのです。(これをべき乗のグラフ(右側)と言います。)つまり、フォロワーが数人しかいない人々がたくさんいて、フォロワー数が100万人以上いる強力なインフルエンサーがごく少数いるのです。インターネット以前は、100万人もの人たちに一瞬で情報を伝えるツールなどありませんでした。

おまけに、リアル世界の口コミには、距離による物理的制約がありました。しかし、インターネットは、その物理的制約を飛び越えることが出来ます。
身長100Mの巨人が現れて、距離による物理的制約が外れた結果、何が起こってもおかしくない世界になったのです。このへんは、「ブラックスワン」等に詳しい記述があります。

何が起こるわ分からないけれど、起こったらすごい

ということで「複雑系ネットワーク」と「ブラックスワン」を読み込んでもらうと分かるのですが、今の世の中は「何が起きるか想像しづらいが、いったん起こると破壊的」な世界になりました。私たちは、常に良い方の破壊的な可能性に身をさらす努力を必要とされているのです。





 

レシピット人気の簡単レシピや、料理のコツを聞ける!
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="7868272623"
data-ad-format="rectangle">


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="9345005825"
data-ad-format="rectangle">



▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket