タグ別アーカイブ: Twitter

中高生がLINEではなく、Twitterの鍵アカでコミュニケーションする理由

鍵アカのTwitterでコミュニケーション。それ、LINEでよくない?の謎

日本のネットカルチャーはよくガラパゴスだと言われていますが、その中でもTwitterは以前ブログに書いたように独自の文化圏を築いていますTwitterは以前ブログに書いたように独自の文化圏を築いています
その中でも、大人に理解しがたいのが、中高生のTwitterの使い方です。中高生の多くがTwitterを鍵アカウント(フォロワー以外には非公開)で使って友達とコミュニケーションを取っているのです。

フォロワー以外に非公開でコミュニケーションを取るのであれば、それLINEのグループでよくない?と大人は思ってしまいますが、中高生の鍵アカによるコミュニケーションは活発です。さらに、鍵アカをひとつだけではなく裏アカなど複数所有し、そちらであまり公につぶやけないことをつぶやいたりしています。(そして、だいたいは友達の存在を通して裏アカがバレる騒動が起きたりします。)
中高生は、なぜTwitterをこのように使っているのでしょうか。それには、3つ理由があると思っています。

ひとつめの理由は、Twitter上で友達を広げたいという理由です。LINEだと、すでに友達になっている友達同士での交流になります。しかし、Twitter上に登録された中高生のプロフィールを見ると、かなりの割合で所属している学校名や部活、好きな芸能人などの情報が書いてあります。これは、アカウントを鍵アカにしつつも、近隣の学生や同じ芸能人が好きなどの趣味が合う人がいれば繋がりたいという意識の表れです。

ふたつめの理由は、王様の耳はロバの耳理論です。この物語は有名な童話で、王様の耳がロバの耳であるということを知ってしまった床屋が「王様の耳はロバの耳」と井戸に叫んで発散していたところ、その井戸が街に繋がっていて知れ渡っていたというお話です。

人間というのは、誰かの秘密や嫌いな人の陰口などを、誰かに言って発散したい生き物です。それはLINEで親しい友達に言えば良いのではと思いますが、ここに一つ自己顕示欲のフィルターが入るような気がします。もしも誰かの秘密をLINEで話した場合、その秘密を話した本人が「知っていたこと」は当事者同士しか分かりませんが、鍵アカ(しかも裏アカ)を所有している時点でその人は何かを知っているんじゃないか、という雰囲気を装えます。

思春期特有の傾向として、友達の中でも何かを知っているとか、陰があるというのはひとつの自己表現になりうるので、あえて鍵アカで裏アカを作り、その存在をにおわせることによって心理的なパワーゲームが行われているのではないか、という気がします。

そして最後が最大の理由になるのですが、この説の根拠の元は「ゆる募」にあります。

Twitterで「ゆる募」するのは、既読スルーされて傷つきたくないから

けっこう前に「ゆる募」というキーワードが主にTwitter界隈で流行しました。「ゆる募」というのは「ゆるく募集」の略です。今日とか明日、ご飯行きたいけど一緒にいく?などを、ゆるく募集する、というような意味で使われます。

私は、若年層が鍵アカでコミュニケーションする最大の要因はここにあるように思います。Twitterがゆる募だったとしたら、LINEは本気のお誘いです。LINEで発言するということは、対個人にしろ対グループにしろ情報の受け取り手にリアクションを求めることを意味します。

しかし、Twitterは返信を強要しません。LINEで返信がなかったら既読スルーという扱いになり傷つきますが、Twitterでつぶやいてリプライが来なかったとしても、それほど傷つきません。それは、ただのつぶやきだからです。同じように、LINEでご飯に誘って断られたら傷つきますが、Twitterで「ゆる募」する限りは「あくまでもこれはゆるい募集である」という免罪符があるため傷つかないのです。

このように、相手に返信を強制せずに、たまにリプライやいいねがつくというような交流の手法によって、自分の存在を軽んじられ傷つくというのを回避できる設計になっているのです。
(公開アカウントだと、クラスの人気者はものすごい量のいいねがつくけど、ぼっちにはつかない、というようなつぶやきを見たこともあり、人気という戦闘力の可視化を防ぐためにも鍵アカにするのかもしれません。)

ということで、若年層がLINEではなくTwitterでコミュニケーションを取る最大の理由は、返信を強制するLINEではなくつぶやきツールであるTwitterを使うことで、傷つことを避けるためではないかと思います。

インターネットサービスの多くは、何かを得るためというよりは何かを失わないために設計されているものがマジョリティになるのかもしれません。
以前も書きましたが、食べログは美味しい店を積極的に探すというよりは、ハズレの店をひかないようにするサービス食べログは美味しい店を積極的に探すというよりは、ハズレの店をひかないようにするサービスだと思うのです。

Facebookの売上がTwitterの9倍あり、3倍のユーザーがいる理由

ユーザー数はTwitterの3倍。しかし、売上は9倍も高いFacebook

その昔、mixiの利用者がたくさんいた頃、同じ様にモバゲータウンの利用者もたくさんいました。しかし、同じ様に利用者がたくさんいても、mixiに広告を出すと効果が良いのだけれど、モバゲータウンに広告を出しても対して効果がよくないという話をよく聞きました。

そして2015年現在、mixiはFacebookに取って変わられました。Facebookの第3四半期の売上は45億ドルに達していますが、一方Twitterは5億6920万ドルの売上とFacebookの1/9しかありません。月間のアクティブユーザーはFacebookが9億6800万人(第2四半期)、Twitterが3億2000万人(第3四半期)ですからアクティブユーザー数は3倍程度の開きに対して、収益は9倍も開きがあります。
その理由を、TwitterはFacebookのように小口の一般広告主に広告が解放されていないからと見る向きもありますが、前述のmixiとモバゲーの例も含めて考えるとこれは、根っこのところには心理学に根ざした要因があると思うのです。

ego(自我)と外界の間には、境界があいまいなトワイライトゾーンがある

心理学者の河合隼雄さんと小説家の村上春樹さんが、対談にてego(自我)とは別にself(自己)という概念があるのではないかという風に語っています。村上春樹さんは、次のように言っています。

”はっきりとしたことはまだ突き詰めてなくて、いま考えているところなんですが、ここにセルフというものがあって、ここにエゴというのがあるんじゃないか。で、ここに外界が周りを取り囲んでいるんじゃないか。”

ego
つまり、ego(自我)と外界の間には、self(自己)という境界があいまいなトワイライトゾーンがあるという指摘です。この村上春樹さんの言葉に対して、河合隼雄さんはself(自己)には環境も含まれるのではないかという話をします。

”だから、ひょっとしたらここは環境のほうも入ってるかもしれませんね。ある程度、うまいこと。(中略)だから例えば環境といっても、ここに座っている人とこのジュースとはずいぶん違うんです。例えば「僕のジュース」という言い方をするでしょう。ほんとは僕のジュースじゃないんだけど、僕のジュースといってもみんなおかしくないというのは、これを僕が飲んでもみんな怒らないからですね。ところがこの天井を僕の天井と言ったら誰も同意せんですね。だから「僕のジュース」とういのは、このトワイライトゾーンに入ってるかもわからん。”
(河合隼雄対談集「こころの声を聴く」新潮文庫より)

そして、Facebookに投稿されている内容は、だいたいが、ここでいうところのself(egoと外界の狭間にある環境)に該当するわけです。自分が訪れたレストランで撮影する料理の写真や、訪れた旅行先の写真、そして仲間内で飲んでいる風景など、ego(自我)に接しているself(自己)という環境の写真を投稿しているわけです。
ということは、Facebookの利用者は自分のタイムラインをselfそのものと捉えます。そこに流れたきたターゲティング広告をselfの一部としてとらえるため、反応が良いということになるのです。

一方のTwitterは、self(自己)の領域に係る投稿をするのは若年層だけで、だいたいは外界の話題(面白ネタやオピニオンによるコメントなど)を消費して楽しむプラットフォームです。つまり、Twitterのタイムラインは、self(自己)の外にある客観的な視点で見ているわけです。そのタイムラインに広告が流れてきても、閲覧中のテレビに流れて来る広告を見るのと、さほど変わらないのかもしれません。

self(自己)に属するSNSプラットフォームは利用者が最大化する

また、先日利用者数が4億人を突破したインスタグラムも、利用者がタイムラインをself(自己)としてとらえるソリューションです。自撮りや生活の一部を切り取った写真たちは、self(自己)を切り取ったソリューションと言えるでしょう。
そして、これらのself(自己)に属するソリューションは、利用者数が最大化する器と成り得ます。Twitterのアクティブユーザーが伸び悩むという話を聞いてから久しいですが、selfに属さない客観的なコンテンツを扱うソリューションは、3億人程度が上限なのかもしれません。

特殊すぎる日本のツイッター〜おっさんの溜まり場からマイルド2ちゃんねるになるまで〜

Twitterの利用者が頭打ち?日本を開発の注力拠点に?

Twitterの月間利用者数が3億1600万人となり、今年に入ってから減速しているとかで株価が下がっているそうです。3億もいるなら良いじゃないと思ってしまいそうですが、Twitterが長いこと3億人前後にとどまっている間にFacebookは1日の利用者数が10億人を突破しているとかで、Twitterは行き詰まりを見せるのではないかという予測になっているのです。創業者のジャック・ドーシーさんがCEOに復帰する中、日本での開発拠点に注力するというニュースも流れています。
実は、日本語は世界で2番目につぶやかれている言語で、日本人のTwitter好きは異常とも言われているのです。

しかし、Twitterの日本ユーザーは客観的に見てすごく特殊なように思えます。最近では、ツイッターはマイルド2ちゃんねるなのではないかと思うほどです。ということで、Twitterのユーザー属性を見ていってみたいと思います。

おっさんのたまり場から、マイルド2ちゃんねるになるまで

twitter

1 始めにTwitterを使い始めたのは、おっさん
こちらがTwitterのユーザー分類をイラストにしてみた図です。まず、最初にTwitterを使い始めたのは、IT企業や広告代理店の関係者(おもにおっさん)でした。2009年6月時点は利用者は約320万人(※1)で男性が7割を占め、35歳から54際が全体の6割を占めていたのです。今じゃ考えられないですね。何か海外から来たサービスを使ってみようというのと、オピニオン(津田大介さんなど)をフォローする動機で始めたのではないかと思います。

※1出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter

2 芸能人のアカウント開設によって、一般の人たちが使い始める
おっさんの情報ツールとして機能していたTwitterですが、徐々に著名人が参入してきます。2009年後半には孫さんや広瀬香美さんなどがアカウントを開設し、2010年には有吉弘行さんや、きゃりーぱみゅぱみゅさんがアカウントを開設。有名人をフォローしたい一般の人たちが流入し、2010年10月時点での利用者が1千100万人を超える(※2)など、急速に普及していきます。また、2011年の東日本大震災でも情報取得のツールとしてTwitterが注目され、普及のきっかけとなっているかと思います。

※2出典 http://media.looops.net/

【流れ込む2ちゃんねるのカルチャー】
このあたりから、Twitterに2ちゃんねるのカルチャーが感じられるようになります。例えば、一斉に「天空の城ラピュタ」のほろびの呪文「バルス」をつぶやくいわゆる祭りや、大喜利的なお題のハッシュタグはそもそも2ちゃんねる上で行われていたやりとりに類似しています。そして投稿の内容にも2ちゃんねる特有のネットスラングが見られるようになり、シャープなどの企業公式アカウントもネットスラング(アカウントのことを垢と呼ぶなど)を使うようになります。
なぜTwitterに2ちゃんねるのカルチャー(いわゆるネットカルチャー)が侵食していったのかは謎ですが、仮説としてTwitterで2ちゃんねるまとめブログがよくシェアされるようになり、その文化に親しんだということが一点。そして、2012年6月に一部の2ちゃんねるまとめブログが2ちゃんねるからの転載禁止命令を受け、Twitterの人気のつぶやきをまとめるようになりました。その作用もあって2ちゃんねるのカルチャーが相互に入ってきたのかなという気がします。

3 若年層の間でブレイク
最後にTwitterを使い始めたのが10代〜20代前半の若年層です。15~19歳でTwitterのアカウント所有率が5割に達するというデータ(※3)もあり、ここ数年は若年層の利用率が高まっています。理由としては口コミで広まった他、Twitterを使った動画配信サービス「ツイキャス」の普及もひとつの要因としてあるのかなと思います。2013年3月に200万人だったツイキャスの利用者数は、2015年9月には1000万人を超えたそうです(※4)。
この若年層の使い方はかなり特殊で、自分の些細な日常を身近な友達にシェアするLINEのような使い方をしています。実際に、鍵つきアカウントにして身近な知り合いにしか公開していないことも多いようです。しかし、Twitterが開かれたソーシャルであることへの理解が足りないことから、ソースの口を鼻に突っ込むなどの写真をTwitterに投稿して炎上するなど、いわゆる「バカッター」と呼ばれる人が出て来てしまうのもこの層です。

※3 http://www.opt.ne.jp/news/pr/detail/id=2341
※4 https://ja.wikipedia.org/wiki/TwitCasting

■まとめ

ということで、おっさんの溜まり場であったTwitterがマイルド2ちゃんねるとなり、若年層にブレイクするまでを整理してみました。本当に日本て特殊な市場だなと思うのですが、今後については広告でのマネタイズは難しいかなと感じます。Twitterはコンテンツ流通のプラットフォームなので、大喜利などに代表されるように面白系のコンテンツが即座にリツイートされて拡散しますが、リアルグラフとして使っているのは若年層のみです。
しかし、インスタグラムやミックスチャンネルなどに若年層が流れていくのではという気もしており、リアルグラフに紐づかない広告は総じて単価が下がるように思えます。
また、Twitterの土壌がマイルド2ちゃんねるである以上、Facebookほどは普及しないのではないかという気もします。ということで、この後Twitteの動きがどうなるのか注目したいところです。

ツイートが960リツイートされたので、エンゲージを公開してみる

■国分太一さんの結婚をつぶやいたら、960RTされた!

先日、知り合いのジャニーズファンの方から、TOKIOの国分太一さんがご結婚されたと聞いてYahoo!ニュースを見ました。しかし、どこにもニュースが載っておらず、どうやらファンクラブに郵送でその知らせが来たらしいということで、以下のようにつぶやいてみました。


このツイートが960ツイートもされまして、なかなかこんな機会はないので、どのくらいのエンゲージになったのか公開してみたいと思います。

■エンゲージメント率は3.3%。表示回数に対してのリツイート率は低い?

これが、Twitterのツイートアクティビティを見た数値になります。

tw_engage01

まず、インプレッションは141,712で、トータルエンゲージは4,620。
エンゲージメント率は3.3%となっております。

ツイートをクリックして詳細まで見た数は2,847です。もしツイートに画像がついていたら、もっと高くなっていたでしょう。

リツイートは先ほども書いた通り960RTとなっており、リツイート率を(リツイート÷インプレッション)で算出すると0.68%となっており、実際ツイートを見てもリツイートする割合はかなり低いことが分かります。

また、注目なのがプロフィールのクリック数が591となっている点。フォロワー数が結果的に10増えているのですが、プロフィールの内容がコンテンツにマッチしたもの(ジャニーズ好きや、速報ニュースをお届け)などであれば、もっと高かった可能性が高いです。

■まとめ TwitterがRTされる経路と拡散されるには

今回960RTもされた経路は、圧倒的に検索だと思います。国分さんの結婚の情報がめぐって、名前で検索をかけてみたところ、このツイートが表示され、閲覧した人がリツイートをして拡散していったようです。

拡散されるために重要な点を挙げると以下2点に集約されるかと思います。

・早いタイミングでトレンドをつぶやく(すでに30分後にはYahoo!ニューストップに結婚の情報が載る)
・読み物的に見えるツイート
(このツイートには、国分太一さんの結婚のニュースが、ファンクラブへのお知らせ送付で発覚したというニュース的な要素を含んでいます。これが「国分太一さん結婚おめでとうございまーす」だったらここまでリツイートされていないでしょう。)

ただ、なかなか誰それの結婚をマスニュースよりも前につぶやけるチャンスはないので、本当に今回はものすごい偶然のタイミングですね。
あと面白いのが、このつぶやきは960RTされていますが、前後のつぶやきは全くリツイートされておりません。はやりTwitterはコンテンツ単位で流通するプラットフォームなのだなと再確認しました。

日常的にリツイートを狙うのであれば、Twitterのトレンド一覧に載ったワードを早いタイミングでつぶやくという感じになるのかと思います。

体系的思考の養い方

book

ツイッターばかりすると、バカになるのか

前回、体系的思考について書いてみたのですが、“体系的”と真逆にある構造を持つのがツイッターです。140文字の情報がどんどん流れてきて、分断された短いテキストが目の前のベルトコンベアをゴトゴトと通過しているようなイメージがあります。

ツイッターが米国で流行っていた2007年くらいに、ニュースサイトで「ツイッター中毒者続出」というニュースを見て、何が面白いのかと思ったのですが、実際にやってみると中毒になる理由がよく分かります。目の前を流れる情報に身をまかせるのが習慣になり、ツイッターを頻繁に見てしまうようになるのです。2ちゃんねるか何かで見たのですが、「ツイッターに慣れてしまうと、自動的に更新されない静的テキストを見るのが辛くなる」というコメントがありました。けっこう同意です。

2年くらい前、大学4年生の人と話していたら、「毎日ツイッターを見て、iPadを持って大学の講義を取ってていう生活をしていたら、明らかにつまらない人間になったので、今は本を読むクセをつけている」と言っていました。

リアルタイム制メディアという意味で非常に価値があるツイッターですが、中毒性がある分、そればかりにハマってしまうと、体系的思考はどんどん抜けていくと思います。

体系的思考を養うには、物語をよもう

じゃあ、体系的思考を養うにはどうしたら良いのでしょうか?それには、物語を読むことが一番です。しかも、1度だけではなく何回も読める物語が一番です。例を挙げると、ドフトエフスキーやトルストイといったロシア文豪の小説、日本の作家でいうと村上春樹氏の小説、アメリカの現代作家なども良いかもしれません。逆にミステリー等はおすすめしません。なぜなら、ミステリー小説は一つの筋を追う内容であって、多重構造になっていないからです。

トルストイ代表作「アンナ・カレーニナ」は、アンナという女性が不倫の果てに悲劇的な末路を迎える内容ですが、実際に読んでみると色々な読み方が出来ます。影の主役ともいえる貴族、リョーヴィンの恋物語であったり、ロシアにおける農業に従事する人々と貴族との関係を考察した本でもあります。こういった本は、本のどこにフォーカスするかによって、読み方が異なってきます。物語が多重構造になっているのです。

ということで、前回のエントリを見て頂いた方はピンと来たかと思うのですが、体系的思考を養うためには、モノゴトを体系的にカテゴライズした後で、抽象化して別ジャンルにフォーカスする。という手続きが必要でした。多重構造を持つ物語を繰り返し読むということは、このモノゴトを体系的にカテゴライズし、自分の視点を特定カテゴリにフォーカスしたり、抽象化してフェードアウトしたりという練習になるのです。

現在は、ビジネス新書やミステリーが持てはやされていますが、もっと物語が見直されても良いのではないでしょうか。

良かったらツイッターフォローしてね(@toriaezutorisan)
http://twitter.com/toriaezutorisan

「口コミ」の正体

kuchi口コミのほとんどは、「口コミ」じゃない

ソーシャル時代になって、口コミが重要とかバイラルプロモーションが重要とか言われています。「口コミ」と聞いてどういうモデルを思い浮かべるでしょうか?面白い写真や記事を、みんなが拡散していって広がるイメージでしょうか。実は、「口コミ」と呼ばれる現象には大きく分けて2つのパターンがあります。
ツイッターを例に挙げて説明しましょう

1.有名人がつぶやくと拡散する
この図を見てください。真ん中の黄色い〇は、ホリエモンさんみたいにフォロワー数が多い人です。ツイッターを図にすると、中心にたくさんのフォロワーを抱えている人がいて、裾野が広がる形になります。この中心にいる人を「ハブ」と呼びます。このハブがツイートすれば、この人をフォローしている人たちに一気に伝わり、短時間で情報が拡散するのです。
kuchi_01

2.みんなが共有したいと思うと拡散する
では、ハブではない人がツイートしたらどうなるでしょうか。あっという間に末端に到達してしまいました。この先っちょにいる人がツイートしても、フォロワーがいないのでもう拡散しません。では、ハブではない人がツイートしても拡散しないのでしょうか。
kuchi_02

実は、ハブを中心とした塊りはいくつもあり、この図のように緩くつながりあっています。なので、他の塊りに到達すれば、その他の塊りの中でまた拡散されます。このように塊りをまたいで拡散されていけば、たくさんの人に伝わります。
kuchi_03

ただこの場合は、情報そのものが強い拡散力を持っていなければなりません。みんなが「広めたい」と思う情報は、「良い話」「インパクトが強い写真」「ネタ」等、誰もが理解できる内容に限定されます。

ツイッターを例に出しましたが、Facebookでも何でも同じ構図ですし、サイトに置き換えても同じことが置きます。サイトに置き換えると中心にYahoo!があって、その他のサイトがYahooにぶらさがってリンクで繋がっていきます。ゆえにYahoo!に掲載されると拡散力が強いのです。

ということで拡散の種類は2つあるのですが、1つのめの「有名人(ハブ)がツイート」というのは、厳密に言うと口コミとは言えないですよね。こういう影響力の強い人=インフルエンサーに言ってもらうのは、前からありました。それがインターネットの力を借りて、規模が大きくなった(人によっては100万人のフォロワーがいる人もいますから)だけです。

2つめの「みんなが共有したいと思う」拡散の場合は、とにかくネタ的なものが広まりやすいです。橋本徹さんが「スマイルプリキュア」とつぶやいて10万リツイートを超えたというニュースがありましたが、誰しもが面白いと思うコンテンツは、知識のハードルがあると難しいのでネタに集約されやすいんですね。

日本人はシェアしない

Mary Meekerさんというウォールストリートの証券アナリストのレポートによると、日本人はシェアしないと書かれています。

見てください、この右の方に小さくダントツ最下位に位置する日本のポジションを。これは「オンラインで全て、もしくはほとんどシェアする」と答えた人の%です。シェアすることが必ずしもいいことと決めつける気はないのですが、時代の流れとともにシェアすることに抵抗感がなくなってくるのは否めないので、そういう意味では日本はまだまだ世界のデジタル化による「つながる」利便性を享受しきっていない気がします。 ランキングの高い国々をみても、比較的国民性としては内向的と思われている国や、インターネット環境がまだまだ充実していない国も高い数値を出していたりもするので、それらにも増して日本人がシェアすることに抵抗感があるというのは意外な、かつ興味深い事実です。

MaryMeeker_p28
例えばホリエモンさんのフォロワーは97万人以上いますが、ツイートがリツイートされているのはだいたい10~20で多くても100。最近物議を醸した「ブラック企業が嫌だったら、辞めればいい」に関連したツイートも256リツイートです。フォロワーに対する割合で見ると、たったの0.026%です。

このあたりから見ても、日本人がシェアしないのは事実だと思うし、一般的に「口コミ」とか「バイラル」と言われる現象は、ほとんどが大きなハブから拡散されてるだけんじゃないかなーと思いますね。