タグ別アーカイブ: Path

良いプロダクトだけではダメ?「Path」2年半で1000万DLの背景

path

LINEは1億ダウンロードまで2年


家族や仲の良い友達だけでコミュニケーションを楽しむクローズドSNS「Path」が全世界でユーザー1000万を突破しているようです。
マネタイズに踏み切るようですが、このニュースを見て色々と複雑な気持ちになりました。

まず、1000万を超えるために2年と2カ月を要したということですが、これは現状の他サービスを比較すると明らかに遅いです。
以前にメインフレームコンピュータが出来てから今にいたるまでを年表でまとめてみたことがあります。


この年表によると、Facebookが一般に公開されてから5億人を突破するまでに僅か4年しかかかっていません。
スマートフォン発売以降はさらにこの流れが加速し、写真加工アプリのInstagramは1年で1000万ユーザー、LINEも1億人ユーザーに達するまでわずか2年です。

ねずみ算式の構造を備えたサービスか?


これは明らかにクローズドSNSの特性によるものです。「Path」は繋がれる友達数を50人に限定していました。つまり、1人入会した場合、そのユーザーがサービスに友だちを連れてこれる数は50人になります。しかし、Facebookは友達の数は無限であるため、1人入会してもその人の友達が多ければ数百人が入会してくれるかもしれません。
この構造的な特性により、クローズドSNSは成長率が普通のSNSに比べて当然鈍くなるのです。成長率の鈍さに気づいたPathは、50人に限定していた友達数を150人に拡大しました。
ここで大きな矛盾が生まれるのですが、クローズドSNSは「Facebook」などの繋がりすぎるSNSに嫌気がさした人たちが使いだしたものです。
気の置けない友人たちと心地よいコミュニケーションを図るためのソリューションであったのに、友達数を150人に拡大するということは、Facebookとなんら変わりないSNSになってしまったということです。

一連の現象を、Pathの構造上のデメリットより普及が遅かったと見ることも出来るのですが、果たしてどうなのでしょうか。普通に考えたら2年と2カ月で1000万ユーザーを抱えるってとても速いことですよね。逆に考えると、「Path」の普及が遅すぎたわけではなく、その他のサービスが早すぎたとも言えます。
コンピューターの歴史をもう一度見ると、デバイスやプラットフォームの普及までに要する時間がどんどん短くなっています。

つまり、マジョリティのサービスになるためには、良いプロダクトであるというだけでなくFacebookのように急速に拡大できる「ねずみ算」的構造を持っている必要があります。
変化のスピードが速すぎて淘汰される自然界の現象のようです。

それとともに、マーケットの変化も急激になっており、インターネット界隈のサービスはそれについていくのに必死ですし、むしろついていけない会社の方が多い。ソーシャルゲームも半年先のヒットは読めず、今までのセオリーに従ったゲームを開発していたらパズドラみたいな黒船が登場するという状況になっています。

いずれは製造業にも波及


この急激なスピードは、いずれ製造にも波及するでしょう。パソコンの普及に比べてスマートフォンの普及が早かったのは、OSが完成されていて、インターネット環境も整っていたからです。パソコンの時代は、ブロードバンドの整備とOS95の発売という通信インフラとデバイス側の条件が整うまで一般消費者に普及しづらい環境だったのです。

インフラとデバイスの条件が整って、デバイスの普及も一気に広がるようになった今日、次はこの急激なスピードはIT化を果たした製造にも波及することが想像できるのです。

良い製品を作っているだけではダメ。そういう時代がもう来ています。

Facebookから離れたユーザーは、クローズドSNSへ向かうのか

path

Facebook離れの後に来るのはクローズドSNS!?

Facebookの利用者数が減っているという話をよく聞きますよね。それに代わって、クローズドSNSが本格的に来るかどうかについて注目しています。クローズドSNSを一番最初にはじめたのは2010年にスタートしたpathだと思いますが現在1000万人が使っているそうです。

・・・たったの1000万人!?Facebookなんて4年で5億人が使っていて、LINEも3年弱で1億人突破したのに、この世界的に有名なサービスが3年でたったの1000万人なのです。なぜこうなるかといえば、完全にサービスの仕組みの差です。日本人のFacebookにおける平均友だち数は108人。対してクローズドSNSは親密な仲間たちとのコミュニケーションなので、獲得した1人のユーザーが読んでこれるユーザー数の規模がまるで異なり、きわめてサービスが拡散しづらいのです。pathもそれを思い悩んだのか、最近1人あたりの友だち数が150人に拡大しました。しかし、150人って人間1人あたりが把握できる人間関係の上限数、ダンバー数とイコールなのでそれはもはやFacebookと何が違うのかと少し疑問に思うところもあります。

和製クローズドSNS「CLOSE」に期待

個人的にはけっこう可能性を感じていて、試に先日mixiから7000万円の出資を受けた和製クローズドSNSその名も「CLOSE」を使ってみたのですが、以下の理由によりなかなか心地よいのです。

・人の目を気にしないからネガティブなことなど好きなことが書ける
・LINEだと相手に返事を強制してしまうが、返事してもしなくてもいいよという感じでフィードに投稿できる

この2点が心地よくて1日に投稿頻度も2度、3度と高くなります。一緒に使っている友だちも、Facebookには全く投稿しないのに「CLOSE」には1日に複数回投稿しているのです。

じゃあ、クローズドSNSが流行るかといえば、2点のポイントが気がかりです。1点目はやはりLINE他のチャットアプリと機能がかぶる点。チャットであれば既にLINEで行っているので、クローズドSNSでわざわざやるかという疑問があります。(CLOSEにはチャット機能はありません)
2点目は、クローズドSNSが日本における若年層のTwitterの使われ方とほぼ同じだということ。十代のツイッターユーザーの書込みを見ると、まるでクローズ環境で行われているような赤裸々な告白がたくさんあります。彼ら彼女らからすれば、Twitterはごく身近な友達たちとコミュニケーションをとるツールであって開かれたSNSではないのです。
なので、クローズドSNSが普及するためのポイントとしては、若年層が完全に閉じられたクローズド空間に快感を覚えることが出来るのかというのがポイントだと思います。