タグ別アーカイブ: NAVERまとめ

食パンでフレンチトーストを作る人々~初音ミクのヒットに見る~

パンa05

情報・コンテンツを受取り手が加工

前回は、今までマスメディアは良い情報(美味しいパン)を提供することを考えていれば良かったけれど、ネット時代はどう流通させるか(どんな車でどう運ぶ?)も重要になったというテーマでした。

前回のエントリは、何年も前から言われており、車(流通)を握るということは、プラットフォームを制するということで、佐々木俊尚さんの「レイヤー化する世界」にも、どう場(プラットフォーム)と向き合うかというテーマで書かれています。

そして、前回の続きなのですが、食パンを受取った人たちはパンを再加工してフレンチトースト作ってるなぁという話題なのです。

どういうことかと言うと、今まではパンa01
————-
〇小麦粉(→素材)

〇食パン(→加工)

〇車(→流通)
————-

という風に情報・コンテンツが流通していたのですが、

————-
〇小麦粉(→素材)

〇食パン(→加工)

〇車(→流通)

〇ユーザー(→再加工)
————-
という形で、受取手のユーザーが、再加工しているのです。しかも、好む好まざるに関わらず、今後のネットメディアやコンテンツは情報やコンテンツを再加工するユーザーを念頭に置かざるおえない構図になると思うのです。

ユーザーの再加工により、爆発的に普及した初音ミク

ニコニコ動画なんかは、その筆頭です。例えば、初音ミクをこの図にはめるとこんな感じになります。
パンa02————-
〇ヤマハの開発した音声合成システム「VOCALOID」(→素材)

〇音源、及び初音ミクとしてのキャラクター(→加工)

〇ニコニコ動画(→流通)

〇ユーザーによる2次創作(→再加工)
————-
元々初音ミクとしての人格を与えられた音声合成システムが、ニコニコ動画の中でユーザーに2次創作されたことによって爆発的にヒットした経緯があります。
初音ミクの関連する楽曲はネット上に10万曲以上あるとされ(by wikipedia)、初音ミクのヒットはユーザーによる再加工とセットになっており、流通&再加工は同時に行われるのです。

ニコニコ動画については、ゲーム実況というジャンルについても、以下が当てはまります。

パンa04————-
〇コンソールゲーム(→加工)

〇ニコニコ動画(→流通)

〇ユーザーによる実況プレイ(→再加工)
————-

また、情報の流通プラットフォームとして存在するNAVERまとめも、ニコニコ動画と同じく、流通と再加工を同時に行っているのです。
パンa03————-
〇ネット上の情報(→加工)

〇NAVERまとめ(→流通)

〇ユーザーによるまとめ制作(→再加工)
————-

他にもツイッターを再加工したToggeterとか、誰かの発言をひな形にして一部を変えるネット上の遊びとか、2ちゃんねるを転載したブログとか、ユーザーによって再加工されたコンテンツや情報が溢れています。
これらはコンテンツそのものを加工した例ですが、その他にも1次情報を題材にブログを書いたりするのも、再加工と言えます。

そして、再加工されたコンテンツや情報は無尽蔵に増えて、たくさんの人々にリーチするのです。例えば、現代ではFacebookやTwitterでシェアされることが大事だと言われますが、情報にコメントを加えてFacebookでシェアするのも、ある意味再加工なのです。

ということで、ネット上で流通する情報やコンテンツは、再加工によってさらに多くの人に届き、なおかつその想定込みで1次情報を作る人は色々考えなければならないのです。

なぜ、会議中にツイッターを見てしまうのか

kuchi

情報共有の会議、聞いている人は半分以下―。

よく業界のトレンドやマーケティング情報等を発表し合う会議ってありますよね。例に漏れず、私もそういう会議に参加しているのですが、気が付くと出席者の半分以上は発表者の話を聞いていないのです。何をやっているかといえば、ツイッターかフェイスブックをしています。何故話を聞かなくなるか考えると、以下の2つのどちらかだと思うんですね。

1.そもそも業界のトレンドやマーケティング情報に興味がない
2.トレンドやマーケティング情報に興味はあるけれど、発表者の話には興味がない

だいたい1.に該当する人はフェイスブックで友だちの近況を見たり、2ちゃんねるのまとめブログを見ている人です。では、2に属する人が何をやっているかと言えば、目の前で発表者が語っているかたわら、ツイッターで情報収集しています。目の前に話している人がいるのにも関わらず、です。

発表者の人を観察してみると、たいていネットの情報をそのまま読み上げているだけだったりします。ネットの情報を読み上げるのであれば、自分でその文章を読んだ方が所用時間が短くなります。だから、デキると言われている人ほど目の前の発表者の話は聞かず、ニュースサイトやブログ、ツイッターを循環して情報収集しているのです。

ニュースに文脈を与えよう

ニュースソースがネットである以上、アクセスは誰でも出来るわけですから、そこに情報の整理や発表者の視点が入ることにより、文脈が生まれて面白くなってきます。NAVERまとめが面白いのは、個別に存在している風に見える単体の事象を紐づけたり、まとめ作成者が独自の切り口を入れることによって文脈が生まれるからです。

例えば、以下がつまらない人の発表内容。

1.A社がカード系ソーシャルゲーム出しました。ゲームの特徴は、コレコレこうです。
2.B社もカード系ソーシャルゲーム出しました。ゲームの特徴は、コレコレこうです。
3.C社もカード系ソーシャルゲーム出しました。ゲームの特徴は、コレコレこうです。

これに視点や切り口を入れて文脈を与えると、

競合のA、B、C社が一斉にゲームをリリースしました。3社の内容を比較すると、かくかくしかじかの差別ポイントがあります。A社、B社はこのジャンルが得意なのでこれまでのタイトルをなぞる形ですが、C社は今まで売れ筋だった箱庭系がダウントレンドなので新しいロジックに挑戦しているような状態です。

となります。

このように、人の興味を惹ける発表するということは、

1.ニュース記事にある以上の情報を持っておく必要がある
=A社、B社はこのジャンルが得意,C社は今まで売れ筋だった箱庭系がダウントレンド

2.自分の思考の結果、生まれた視点を入れる
=C社は今まで売れ筋だった箱庭系がダウントレンドなので新しいロジックに挑戦

が必要になります。今書いていて思ったのが、これはブログを書くことと似てるので、会議に参加するメンバーにブログを書いてもらうと、レベルが一気に上がるかもしれません。

UI・UXの少しの差が、明暗を分ける

kakao

LINE開始時に1000万DLあったKAKAO TALK

昨日の原稿で、動画共有サービス「Vine」が流行ったのは、再生ボタンをタップさせるというひと手間を廃止したからだと思う。という原稿を書きました。

「え?たったそれだけの手間?たいしたことないのでは」と、言われるかもしれませんが、このひと手間が超重要だと思うんですよね。

以前、リリースから1カ月ばかりのLINEをダウンロードした時の話をしましたが、その時、実はKAKAOTALKもダウンロードしました。KAKAOを使った印象は、「LINEに比べて細かいところが少し使いづらいな」というものでした。ボタンの位置がもう少し広ければいいのにとか、位置的に下にあった方が押しやすいのにとか、とても細かい点です。LINEにはそんな印象を全く感じず、ボタンの配置等、すべてが完璧でした。

その当時KAKAOTALKは1000万DLに届いていたように思います。コミュニケーションサービスは、ネットワーク外部性が働きますから、既に1000万DLに届いてたKAKAOは有利なはずですが、あっという間にLINEに抜かれてしまいました。LINEがプロモーションを投下しまくったのもあるかもしれませんが(でも一度カンファレンスで見たのですが、CMの投下量とDL数の推移にはあまり相関性がないようでした)、命運を分けたのはこの「ちょっとした使いやすさの差」だったと思います。

機能は絞って最高のUI・UXを

新規サービスが出た時は、実際に触ってみることにしているのですが、伸びるサービスは、徹底的に使い勝手が計算されています。NAVERまとめをはじめて使ってまとめを作った時も、かゆいところに手がとどきまくるUIで感動しました。逆に、その後ライブドアからリリースされた「ANKER」というCGMっぽいサービスを使ってみた時は、ところどころ「?」となって、使いづらいぁという記憶があったことを覚えています。

特にユーザーに投稿してもらう系のサービスだと、UIが要になるので、何回も作っては壊す、作っては壊すの後に完成されたモデルを出すことが大事かなぁと思います。そのかわり、機能は徹底的に絞って最高のUIを実現するというのが重要だと思います。

LINE楳図かずおスタンプで漫画作った!

matometitle ちょっと前に、サイバーエージェントと堀江さんが共同出資で会社を設立し、有名人トーク閲覧サービスを行うという発表がありました

数人程度の有名人が一定のテーマを決めて、人気の無料通話・チャットサービス「LINE」ような短い文章や画像などを使ったアプリでリアルタイムで会話する。興味がある有名人がトークに参加して発言が始まると、一般利用者に連絡がいく仕組み。利用者はアプリを通じて、トークの閲覧者同士で感想などをいいあえる。

ということで、ビジネスマンウケが良さそうな著名人が登場しそうですが、実は私もLINEで会話した内容をNAVERまとめで公表したりしてます。ある意味時代の先取り・・・。ということで、その一覧をまとめましたので良かったらご覧ください。(完全にお笑いです)

matome_01    「地獄のミサワ」LINEスタンプを友達に送りつけてみた。まとめ

 

matome_02
【地獄のミサワ】LINEスタンプ~格下の奴に送るようで遊んでみた~

 

 

matome_03LINE楳図かずおスタンプで漫画作った!

 

 

matome_04
まさかの第2弾!LINE楳図かずおスタンプで漫画作った!

 

 

matome_05「あのねのね」がLINEを駆け巡った日―。