タグ別アーカイブ: 情報最適化

ノイズを省いた先にあるもの

騒音

情報最適化とは、ノイズを省くこと

IT界隈で最も流行しているトレンドの一つに、最適化配信というものがあります。GunosyやVingow等、ソーシャルメディアでのアクティビティを解析して、自分の興味のあるニュースを配信してくれるサービスです。なぜこういうサービスが脚光を浴びているのかと言えば、ネットの情報量が増えすぎて、興味のあるものを探すという行為が手間になっているからです。

最適化配信を逆にとらえると「いらないノイズを省く」ということになります。TVを見ていたりすると、興味のない情報や自分と異なる意見を持つ人の話など、ノイズが入ってきます。そういうノイズだと思っている部分から新しい発見が得られたり、気づきがあったりします。一見無駄だと思っても一晩寝かせてたり、後々役に立ったりするんですよね。しかし、最適化配信の流れを突き詰めると、自分にとって不快な情報は一切入ってこなくなる可能性があります。

既にその流れは進んでおり、ツイッターなどもフォローをするのは自分が興味がある人物や、自分と似た意見を盛っている人のみになっています。毎日タイムラインを眺めていると、まるでそこで起きていることが世の中で起きている全てのように感じるのですが、実はそれはごく一部の現象でなのです。

ということで、今後テクノロジーが進化すればするほど、意識的にノイズを取り込んだり無駄な時間を持つということをしないといけないような気がしますが、そう思えるのは自分と世間との関係や、情報の持ち方を体系的に考えられる人たちになります。多くの人たちは、自分が気持ち良いと思う情報の海に浸ったまま出てこなくなるかもしれません。

食べ物をえり好みすると、どうしても栄養が偏ります。野菜も食べなさいと、指摘してくれるようなお母さん的な存在がインターネットの世界にも必要だと思うのですが・・・。