タグ別アーカイブ: 孤独のグルメ

「孤独のグルメ」や散歩番組のヒットの背景ある、みんな疲れてる現象

2000年代に入ってから人気となった「孤独のグルメ」。好調な散歩番組。

ドラマのシーズン5が放送され、視聴率が1%代から2%代になったという「孤独のグルメ」ですが、90年代に連載をしていた時は3刷で絶版になるなど、まったくだったようです。2000年代に入り、文庫版が発売されてからは増刷が年に2回づつかかるようになり、2015年に第2巻が発売(なんと1巻から18年ぶり)されました。
また、「孤独のグルメ」の原作者、久住さんが手がけるグルメ漫画「花のズボラ飯」も好調で、累計発行部数は60万部に達しています。
さらには「おとりよせ王子 飯田好実」なんていう、26歳の青年エンジニアがお取り寄せグルメを楽しむという漫画もあり、こちらもドラマ化されています。
これらの漫画に共通するのが「ただひたすら、主人公が素朴なグルメを食す」ことにスポットを当てているという点です。ひたすら主人公が目の前のグルメ(高級ではない)を食べるシーンを綴っているのです。「食べること」ことに焦点をあてた、非常にプリミティブな構成となっています。
“ただ○○しているところを写し続ける”という意味でいうと、散歩番組も好調です。出演者たちが散歩している様を放送する番組が多くなっています。「正直さんぽ」や「モヤモヤさまぁ~ず2」に加え、加山雄三の「ゆうゆう散歩」の後継番組「じゅん散歩」も始まりました。
これらの番組に共通しているのは、視聴者が何も考えずに、番組に登場する人たちの追体験をするような構成になっているということです。

スマートホンによって、集中力が細切れに分散

90年代あたりのテレビ番組を振り返ると、過剰な番組が多かったように思います。熱湯芸人が悲惨な目に合うお笑いや、強気なおばさんタレントがホストをつるし上げたりと、えげつない演出も多数ありました。
しかし、現在ヒットしている番組を見ると「ただ○○しているところを単調に放送する」という素朴な構成がウケているのです。
背景のひとつとして、みんな疲れているのではないかなと思います。2010年以降はスマートフォン時代になり、色々なものが細分化されました。情報もTwitterでつぶやけるコンテンツに細切れにされ、スマホをいじる時間も数分単位と細かく区切りられ、ソーシャルゲームは1駅間に1ターンが終わるように設計されています。
先日深夜0時の駅のホームで回りを見渡してみたのですが、7割の人がスマートフォンを触ってうつむいた状態でした。しかも、LINEを立ち上げてメッセージを返したり、Twitterでメンションを確認したり、Facebookで友達の投稿をみたりと、1つの作業を数分、いや数秒単位で行っています。
ひたすらスマートフォンに来る通知を気にして、私たちの集中力は細切れにされて、慢性的に神経過敏状態にあるのではないかという気すらします。
一方、テレビはスマホに比べたら受動的に長尺のコンテンツを楽しむメディアです。そこの人気コンテンツとして、プリミティブで淡々としたものがウケているというのは、人々の神経が疲れている反動のような気がしてしまうのです。
出典
http://www.jprime.jp/tv_net/tv/19641