Twitterで100リツイート以上される方法

リツイート100超えなど、エンゲージの高い投稿をする方法を解説します。しかし、このブログで何回か触れているのですが、ブランディングの必要があるナショナルクライアントか、万人に情報を広めたい消費材メーカーさんや小売りさんではない限りはTwitterをやるのであれば、Facebookに注力した方が良いです。

1. 誰もが注目する時事ネタを、誰よりも早くつぶやく

例としてTOKIOの国文太一さんがご結婚された時に、私がつぶやいたツイートです。
こちらのブログでも書いたのですが、リツイート数が923で、インプレッション(表示回数)が141,712となっており、エンゲージメント率は3.3%となっております。


この誰もが注目する時事ネタというのは、芸能人の結婚あたりが最も需要ありそうですが、偶然による要素が大きいです。この国分さんの結婚ニュースもジャニーズファンの人から聞いてツイートしました。

ちなみに、時事ネタを早くつぶやくと何故リツイートされやすいかと言うと、Twitterの検索機能がかなり使われているためだと思われます。ネットニュースやテレビで「国分さんが結婚されて」という情報を目にした瞬間に、Twitterの検索窓で「国分 結婚」などと検索しているのですね。

2. あるある系ネタをつぶやく

みんなが「分かるわー」と思うよなあるある系ネタというのも、じわじわと拡散されやすいです。特に恋愛ネタだと共感を得やすいので拡散されやすいですね。こちらの投稿はリツイート数が268でインプレッション(表示回数)が21,514となっており、エンゲージメント率は3.7%となっております。


これは、共感を誘うような投稿を行なって連続してリツイートを起こして行って広めるという拡散の仕方になるので、投稿がいかに万人の共感を得られるかというところがツボになります。

3.Twitterの祭りに乗っかって面白い投稿をする

こちらはクライアント様のアカウントにて実施したことがありますが、300程度のリツイートを記録したことがある事例です。元々3万以上のフォロワーがいるアカウントだと効果が出やすいです。

Twitterというのは、以前のブログでも書いたのですが2ちゃんねるのカルチャーが入った「祭り好き」の文化があるんです。みんなでいっせいにバルス!ってつぶやくのもそうですね。
そこで、Twitterの検索ボタンを押すと、今流行っているトレンドワード一覧が見られるのですが、これが「ネタ系投稿」のお題が頻出するのです。例えば、数日前には「FacebookとTwitterの違い」というワードがトレンド入りしていました。

fbとtwの違い2


このお題に応えてクオリティの高いネタ系投稿をすれば、リツイートされやすいのです。例えばこのお題だったらこういう感じでフェイスブックとツイッターの違いを押さえた写真を組み合せます。

fbとtwの違い
さらに、こういったトレンドワードはまとめブログやTogetterなどの各種まとめサイトでさらにまとめられるので、露出が増えることになります。

ということで、たくさんリツイートされるにはどうするかを書いて来たのですが、たくさんリツイートされるのとフォローされるのはイコールではありません。機会があれば、どうしたらフォローされるかも書いてみたいと思います。

Applit 〜チャットで好みのアプリやiPhoneの使い方が聞ける〜
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket