スターバックスに学ぶ顧客全包囲のメディアの作り方

スタバの売上はドトールグループの2倍近く!?

一人で作業したり、Wifiを使いたかったりでスターバックスに行くことが多いのですが、都内やその近郊では圧倒的にスターバックスの数が足りないと思うんですよね。常に混んでますし、当初は席の間にゆとりがあってくつろげる空間というコンセプトだったと思うのですが、今ではけっこう寿司詰め状態になっているところが多いです。(特に電源設置のカウンターあたり)

スターバックスの店舗推移を見ると、年々順調に増えていて2014年3月期には1034店舗と全国1千店舗の大台を超えているのですが、それでも都市部では需要に供給が追いついていない気がしますね。

ちなみにドトールグループ(ドトールにエクセルシオール等も含む)は2016年3月末時点で1339店舗(2016年)で売上が684億9千万(2015年)に対して、スターバックスは1034店舗で売上1256億6千万(2014年3月期)なので店舗数ではドトールグループの方が上ですが、スターバックスは2倍近く売上があります。スターバックスの方が単価が高いことは予想できますが、さすがにこの売上差は店舗あたりの来店数にもかなりの差があるのではないかと推測されます。

店舗数

売上高

※(単位 百万)スターバックスは2014年度の数値。ドトールグループは店舗数は2016年の数値、売上高は2015年の数値を使用

訪れる人によって提供する価値が異なるスタバ

何故こんなに集客力があるのかというと、スターバックスは訪れる客層によって提供する価値が異なるからです。例えば放課後のスターバックスは女子高生の溜まり場(筆者は放課後の学生をマクドナルドからスターバックスが奪ったと思っています)になっていますが、彼女たちにとってのスタバはフラペチーノを提供するスイーツ店です。今の季節、スタバにいる学生を見ると、みんな新作フラペチーノを片手にお話しに来ています。
そして、ノマドな人たちやフリーランス、ビジネスマンにとってはwifiや電源もあるので仕事場になっていますね。
私はこの2タイプがスタバの2大顧客層だと思っているのですが、さらにここから都市部か郊外かによって、客層が分かれてきます。都市部であれば軽いランチを取りに来るOLさんや、簡単な商談をしているビジネスマン、郊外であれば買い物の途中で休憩しにきた主婦や、勉強をしに来た学生などなど。これらの人は、スタバという一つの存在をそれぞれ違う確度から見ているのです。

■みんなにとってのスタバ

女子高生
フラペチーノを提供するスイーツショップ
求める価値は「美味しいフラペチーノ」
ノマドやフリーランス
仕事をするところ
求める価値は「Wifiと電源」
ビジネスマン
簡単な打ち合わせをしたり、営業の間に一息つく
求める価値は「緩和剤としての珈琲」
OL
ダイエット中なのでスタバで簡単にランチを
求める価値は「高いから1個しか買えないサンドイッチ」
買い物途中の主婦
買い物の途中に一息つく
求める価値は「おやつとしてのスイーツ」
勉強をしに来た学生
スタバを勉強部屋として使用
求める価値は「長時間座れる机と椅子」

このようにスタバはそれぞれの顧客の望む価値を提供しているのです。打ち合わせするビジネスマンは、会話の緩和剤としてコーヒーがあれば良いのでフラペチーノは頼みません。ノマドやフリーランスもスタバの使用頻度が高いので、単価の高い飲み物よりはWifiと電源を求めます。

それでは、ドトールはどうかというと、これらの顧客の中でビジネスマンとOLの要望しか満たせないのではないでしょうか。フラペチーノのようなキラースイーツがないので学生は集客できないですし、wifiや電源環境も万全ではないのでノマドやフリーランスも来ません。長時間居づらいので、勉強をしに来た学生にも不向きです。(最近は白ドトールという電源完備のゆったりとしたドトールも増えているようですが)

ということで、スタバの強さというのは、それぞれのニーズに合わせた価値をちゃんと提供できているというところにあるんですね。これはコーヒーショップという店舗以外にも応用できる話で、例えばWebメディアにも同様のことが言えます。趣味嗜好の違う人向けにたくさんの記事コンテンツを用意することで自分のお気に入りの記事を見つけてもらい、ファンを増やして行くという手法です。

音楽メディアの「ナタリー」は、音楽やアーティストに関するオールジャンルの記事コンテンツを大量に発信していますが、代表の大山氏の著書の中でもこのような形で語られています。

見つけた話題にフィルターをかけず、可能な限り全部のニュースを紹介するのが自分の理想だ。そもそも送り手が受け手の欲しいものを把握するなんてことは不可能だし、もしそれができるとおもっているなら送り手側の傲慢だと思う。
(中略)
「ナタリーって○○だよね」というイメージも、読んだ人の数だけあればいい。我々は徹底的に無色透明な存在でありたいと思っている。

とうことで、一定のジャンルはくくりながらも、可能な限り全方位の価値を提供することが集客の最大化に繋がるということでした。ただ、スタバはこの状態を最初から狙ったわけじゃなくて、なんとなく成り行きな部分も含むのではと思っていますが。

▼オウンドメディアの企画運用を承っております。お問い合わせはこちらまで
https://torino-inc.jp/

参考URL
https://www.doutor.co.jp/about_us/ir/report/kessan.html
http://www.starbucks.co.jp/ir/highlight/

レシピット人気の簡単レシピや、料理のコツを聞ける!
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="7868272623"
data-ad-format="rectangle">


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="9345005825"
data-ad-format="rectangle">



▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket