マックから姿を消した女子高生は、何処へ行ったのか

前に、マクドナルドの劇的な成功とその後の低迷について分析したことがありました。2000年代、100円マックやえびフィレオによって劇的な成長を遂げたものの、期間限定商品の目新しさがなくなり、顧客の再訪率の要となっていたコーヒーをコンビニ他社に持ってかれたため業績が低くなっていったという内容です。

これは、マクドナルドの売上高や来店者数のグラフをにらめっこしたり、コンビニコーヒーが普及しだした時期などと照らし合わせて、定量データから導きだした結論です。

一方、顧客のインタビューなどは、定性データと言われるのですが、日常生活を送っている中で、ふと「解る」瞬間があるんですよね。
それが、「放課後、マックでポテトをつまんでいた女子高生は、何処へ行ったのか」という疑問に対する答えだったのですが。

これは定量データを引っ張りだしたわけではないので、あくまでも私がそう思う止まりなのですが、特に都市部の学生はスターバックスにシフトしたんだと思うんですね。

平日の3時か4時くらいに、スタバで作業をしていると、やたら制服を着た女子学生が多いんですね。
で、学生の会話が耳もとを行き交うのですが、たいてい女子学生はかなり寒い時期でもフラペチーノを飲んでいました。

新作フラペチーノを飲みながら、味の感想を言い合い、
(これ、一見甘そうだけど、飲んでみたら意外と控えめじゃん。美味しくない?)
その後、どこに行くか、何をするかなどを話し合っているんですね。
(どうするー?まだ時間あるよね?買い物する?帰る?)

そういう光景に囲まれていて、ある時ふと、
あ、マクドナルドにいた女子学生ってスタバにシフトしたんだ。って気づいたんですね。
昔は、女子学生がマクドナルドでコーラとポテトで数時間ねばっていたり、主にファストフードが
放課後のコミュニティの場となっていたのですが、いまやスターバックスになってるんだと思いました。

確かに、椅子もスタバのほうが座り易いし、フラペチーノは飲み物というよりはスイーツです。
放課後にブラブラするんだったら、こっちだよなーと思いました。

定量データでマクドナルドの歴史を追っていたときは、その発想はなかったのですが、
街に出かけていろんなものを見るって大事だなと思った次第です。

Applit 〜チャットで好みのアプリやiPhoneの使い方が聞ける〜
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket