LINEのきせかえが流行らないと思う理由

LINEきせかえ LINEのスタンプは、フィーチャーフォンでいうデコメ

LINEの新バージョンで、きせかえ機能が発表されました。写真のようにうさぎのキャラクター、コニーのデザインにきせかえられます。画面も全体的にピンクになり、画面のそこかしこにコニーの姿が。

今はコニー1種類のみで無料ですが、これからキャラクターが増えてきて、当然有料化が視野に入っているものと思われます。

ということで個人的な予想なのですが、これは多分あまり流行らないだろうなぁと。なぜそう思うのかといえば、このLINEのスタンプときせかえの相関性は、フィーチャフォン(ガラケー)におけるデコメときせかえの関係を思い出すからです。フィーチャーフォンのヴィジェットをかわいく着せ替えられるというあれです。
LINEのスタンプって、メッセージに感情を込めた装飾をするという点でデコメに近いと思うんですよね。

LINEのスタンプ=デコメ
LINEのきせかえ=フィーチャーフォン(ガラケー)のきせかえ

ということで、先人に習う意味で2011年度の両者の市場規模調べてみました。

LINEきせかえ2

デコメ=213億円
フィーチャーフォンのきせかえ=103億円

ということで、2倍近く開きがあるんですよね。

で、LINEが今年1~3月期の売上を58億円だったと好評しましたが、3割がスタンプの課金だったので、うち17億4千万円がスタンプの販売での売り上げになります。
フィーチャーフォーンでの市場規模の差を考えると、成長すると8億7千万くらいになるかもしれません。ということで、スタンプほどはきせかえは流行らないと思うよという話。
でも半分の規模があれば良いんじゃ・・・という意見もありそうですがこれを作る製作費が全然違うんですよね。たとえばデコメってただのGIF画像なので、かつて私は1個2000円とかで発注してました。しかし、きせかえは各UIのフレームをデザインする上にプログラミングが必要になるため、製作費が十倍以上高くなります。(ゆえに単価も高いですが)

今、iモードのサイト数を数えてみましたが

デコメ=323サイト
きせかえ=257サイト

と、参入できる会社の数も減るんですよね。まあ、LINEきせかえがキャラクターライツを保有する会社さんに開放されたとしても、ライツ側がきせかえ自体を作るというよりは、画像を納品してLINE側でそれをレイアウトしそうですが。

ユーザーのひと手間を残しておく重要性

何かの本で読んだのですが、とあるアメリカの会社がパンケーキミックスの売上に悩んでいたそうです。そのパンケーキミックスのウリは、粉末卵が入っているので水か牛乳を足せばすぐにパンケーキが焼けるというもの。しかし、誰かの発案で粉末卵を抜いて粉のみで売り出したところ売上が大幅に伸びたそうです。購買者は、粉に卵を割りいれて牛乳でのばすというひと手間を楽しんでいたわけです。

特に女性向けの商品においては、このユーザー側が楽しむひと手間の余白を残しておくことが大事だと思います。デコメであれば、どの種類のデコメを文章のどこにはさむのかというところが、腕の見せどころですし、LINEのスタンプの応酬もセンスが問われるわけです。

1000万ダウンロードを超えて爆発的な人気となったアイコン着せ替えサービスの「CocoPPa」も、アイコンを1個づつ着せ替えるのが楽しいんですよね。Facebookのアイコンはこれにしよう、Twitterのアイコンはこれにしよう、と1個づつアイコンのデザインを選ぶという行為自体が楽しいわけです。

と、いうことで特に女性向けサービスは、ユーザーが工夫できる余地を残しておくことが大切かなと思います。

レシピット人気の簡単レシピや、料理のコツを聞ける!
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="7868272623"
data-ad-format="rectangle">


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="9345005825"
data-ad-format="rectangle">



▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です