たとえ間違っていても、どんどん未来を予想しよう

mixi

モバゲーとmixiとGREE、一番強いのは?


かつてモバゲー、mixi、GREEが内製で作っていたソーシャルゲームをオープンプラットフォーム化すると発表したのは、2009年か10年くらいのことだったと思います。

その頃、私は、とある大人たちの会議に出ていました。その会議中に、一番偉い大人が次のように質問しました。

「3社の中で、ソーシャルゲームのプラットフォーマーとして一番大きくなるのはどこだと思う?」

私はしばし考えると、こう答えました。(学級委員風に)

「mixiだと思います。なぜならば、ソーシャルというのは人と人とが交流することで楽しむゲームなので、実際の知人であるリアルグラフを持ったmixiの方が強いと思うからです。」

それから3年か4年経った現在、この予想は見事にハズれていたことが分かります。

実際にはモバゲーとグリーがしのぎを削り、事実上この2社の戦いになっていきます。
(まあその後のスマフォ普及により、さらに主戦場はappstoreとgoogleplayに移ってしまうのですが・・・)


おおやけで間違えたことは、記憶に残る


その時、偉い人は最もらしく頷いていた記憶があるので、私の答えはわりとすわりの良い解答だったと思います。実際には大間違いなわけで、過去になってから要因を分析すると簡単な理由なんですよね。

・ソーシャルゲームは、プレイヤーが課金をすることによって強くなり、それを他のプレイヤーに見せつけることによって成立する。(ギルドバトル等のMMORPGの手法もどんどん取り入れられていった)
→ゆえに、むしろリアルグラフは邪魔になる

・ソーシャルゲームで課金をしていたユーザーは、フィーチャーフォンでのキャリアによる課金システムに慣れており、ケータイコンテンツに対してお金を落とすことに慣れていた。
→ゆえに、課金障壁が低い

ということで、この質問の問いを答えるには、ソーシャルゲームになぜ課金をするかという本質と、日本のケータイコンテンツにおける課金システムの仕組みを以って解とする必要があったのです。

むしろmixiのゲーム的な「リアルグラフの友人たちと楽しくゲームをする」で代表的だったZingaなどは、あれよあれよと勢力を失って今日にいたります。

この間違いはいまだに記憶に残っていて、自分の間違った仮説をおおやけに発表したおかげで、余計印象づけられたのです。故に、類似ケースが今後出てくれば、本質的な顧客の課金ポイントはどこなのかに注目しますし、どんなコンテンツであれ、最も重要なのは課金システムが収斂されているかという点であることも理解しています。

なので、未来について仮説を立てて、発表してみるって良いと思うんですよね。たとえ間違っていても、教訓が残り、その教訓を活かすことによって、さらに確度の高い仮説を作ることに繋がるのです。

Applit 〜チャットで好みのアプリやiPhoneの使い方が聞ける〜
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket