誰が“この新規サービス”のイノベーターになるべきか

イノベーター

新しいモノは、2.5%のイノベーターからはじまる

前回原稿を書いていて思ったのですが、新しいモノゴトが広まるときは、ごく少数のイノベーター(全体の2.5%といわれる)を通して広まっていくというマーケティングの定説があります。この最初に使い始める層というのが結構大切な気がしています。
たとえば、Facebookが一般に公開されたのは、Myspaceより3年も後なのですが、今はFacebookは世界で10億人が使っているサービスになっています。なぜ先行していたMyspaceが敗れたのかという分析が色々行われていますが、Facebookは大学生のためのSNSという若者にフォーカスしたことが大きな要因だったのではと言われています。

たいてい米国でもアジアでも、新しいサービスが流行するときは若者を起点に広がるようですが、日本においてはFacebookとTwitterが流行した過程ってけっこう特殊かなという気がします。思い出すとこんな感じだったかと。

■Twitter
一部のIT関係者やギークが使用。ビジネスの会話が主。

孫さんや広瀬香美等著名人が使って認知拡大

マスメディアが取り上げさらに拡大

ブレイクしてから数年たった2013年は、若者を中心に再ブレイク中

■Facebook
一部のITや広告代理店関係者が使用。(つまらないという声が続出)

映画「ソーシャルネットワーク」公開 認知拡大

じわじわ来たところで、マスメディアが取り上げさらに拡大

そもそもサービスの仕組みが拡散する仕組みなのでブレイク。現在はFacebook疲れが進む。

いずれもマスメディアの力を途中で借りてるというのが、日本の特殊事情な気がします。あと、IT関係者とか広告セクションの人ってきそうなサービスに飛びつきますが、特に業界内でコミュニケーション取りたいわけじゃないのと半分仕事なので、使ってても「何が面白いのかわからん」になるんですよね。

誰がイノベーターになるのかは、サービスによって異なる

ちなみに、女性向けサービスは、ITや広告関係者からはノーマークになるので、いきなり普及してからポっと情報が出てきてきたりします。もうすぐ5000万人にユーザー数が届きそうなPinterestだって開始当初は関係者の間でも全く話題にならなかったそう。クックパッドもそうですね。

あと日本の独特のカルチャー文化によって広まっていくパターンもあると思います。オタク、サブカルチャー文化(ニコ動とかPIXV)、ギャル文化(DECOLOG、デコメ)などなど。

ただ、これらのサービスが始まった時は広大なWebという砂漠にポツンとサービスがあって「見つけに行かなければならなかった」のですが、今はスマートフォンによりアプリプラットフォームが統合されているため、一部のイノベーターが使いだして広まるというよりは、一気にメインターゲットまでドカンと普及してしまう例も多いかと思います。カメラアプリとかはコレにあたりますね。1000万人のユーザー獲得まで1年もかかってなかったりするので。

自分たちのサービスは、誰に一番最初に使ってもらうべきなのか?というのは、非常に検討する価値があるテーマかと思います。

レシピット人気の簡単レシピや、料理のコツを聞ける!
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="7868272623"
data-ad-format="rectangle">


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="9345005825"
data-ad-format="rectangle">



▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です