「気をつけろ、上から来るぞ!」的なマーケティングの世界

上から来るぞ

スマートフォンに市場を食われたハードウェアたち

よくニコニコ動画のゲーム実況とかを見ていると「気をつけろ、上から来るぞ!」というコメントが見られます。これは、ゲームに登場するキャラクターの視界外から敵が降ってきたりすることに対しての揶揄です。

で、2000年代以降のマーケィングの世界もこれと同じことが起こっているかなぁと思っています。

・デジタルカメラ
・ノートブック
・音楽再生プレイヤー
・コンソールゲーム機
・カーナビゲーション

これらは、スマートフォンの普及に伴って市場を食われたと言われる業種です。これらの企業が提供してきた機能は、スマートフォンというたった1台のデジタル端末に全て集約されてしまいました。おそらくiPhoneが普及しだした2008年においても、それから数年でここまで市場が食われてしまうとは思わなかったでしょう。
スマフォに市場食われた
米国の名だたるマーケターや識者もそう言っていましたし、日本においてはガラケー文化が強すぎて絶対流行らない、と言われてました。

日本の通信キャリアもプラットフォームを持っていかれる

気づいたら、先述のハードウェア市場は次々とスマフォに市場を食われてしまい、デジタルカメラに関してはコダックが破たんしており、コンソールゲーム機においても任天堂の業績が不調だったりと、目に見える形で次々影響が出ています。しかもハードウェアの分野のみならず、ガラケー時代は通信キャリアが担っていたソフトウェアのプラットフォーマーとしての立ち位置も、根こそぎ持っていかれようとしています。スマフォを入手した人たちは、GoogleplayかAppstoreをメインで使うからです。

と、いうことで、iPhoneからはじまったスマートフォンの爆発的普及は誰にも予測できなかったし、いくらマーケティングしてもスマートフォンを「競合」として位置付けるのは難しかったでしょう。目に見えない競合が気づいたら目の前に現れるという、「気をつけろ!上から来るぞ!」の時代に入っているわけです。

レシピット人気の簡単レシピや、料理のコツを聞ける!
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="7868272623"
data-ad-format="rectangle">


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="9345005825"
data-ad-format="rectangle">



▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です