キングコング西野さんが言うところの「人気タレント」と「認知タレント」の違い

キングコング西野さんのブログ「『認知』と『人気』の違い。」がとても興味深いです。

少なくとも『はねるのトびら』だけでも毎週2000万人以上の人が見てくれていたのに、
営業などで地方に行くとキャーキャー言われていたのに、単独ライブの集客となると400~500人がやっと。

ここには、『認知』と『人気』の違いがありました。

昔は認知(テレビに出てる)=人気だった

昔は大きな力を持つメディアが、ほぼテレビしかなかったので、テレビに出ている=人気タレントだったのです。日本国民みんながその人のことを知っている、いわゆるスターというやつですね。つまり、認知を取ればすなわち人気につながる時代でした。

だから、テレビ的にはものすごい才能を持ったスターの発掘が重要な仕事で、美空ひばりさんとか山口百恵さんとか、スターの原石を頑張って探して、テレビで認知をマックスに持っていくことによって人気タレントが作られていたのです。

しかし、今ではテレビ以外のメディアが多様化した上に、Youtubeなどの一大動画プラットフォームも出来たので、テレビに出ている=一定の認知は取れるけど人気タレントにはならない、という図式が出上がりました。

人気タレントの普遍的なモデル=「好きモデル」

現在における「人気タレント」のモデルとして、2種類あると思っています。一つは今も昔も変わらない普遍的なモデルとして、その人のことが好き=好きモデルというのがあります。「当たり前じゃん」と言われそうですが、この場合の”好き”はほぼ恋愛感情に近いということです。その筆頭がアイドルグループになるわけですが、若年層は、今も昔も自分と同世代か少し上のアイドルにハマる時期があったりします。
”好き”という感情は人間の本能に近い感情なので、タレントの音楽も聴きたいし、本人の姿も見たいし、私生活にも興味あるという非常に熱量が高い状態になります。

昔は、テレビのブラウン管によってファンとの距離感が保たれていたのですが、AKBが「会いに行けるアイドル」というコンセプトを打ち出した頃から、両者を隔てる壁が一気になくなったため、人気タレントとファンの距離が近くなりました。
さらに、タレントはインスタグラムやツイッター、動画のライブ配信ツールなどのチャネルを複数使っており、テレビはそれらのチャネルの中でも最も伝播力が大きいもの、という位置づけになっているわけです。

つまり、”好き”という人間の本能的な感情に応えるアイドルグループは今も昔もずっと存在していたのですが、接触チャネルの多様化やファンとの距離が狭まっています。

新しいタイプの人気タレント=「共感モデル」

そして、新しいタイプの人気タレントは共感型のタレントさんです。インスタグラムやツイッターなど、ファンに直接メッセージを届けられるツールが発達したため、自分の主義主張を直接届けられるようになりました。このタレントの行動や思想に共感するファンという関係値が、今後増えてくるのかもしれません。
(ただし、海外ではエージェント制度をとっているため、タレントは比較的自由に政治的発言などが出来るようですが、日本においては事務所側の制約が大きいのでなかなか生まれずらい環境ではあるのでしょう。)

ちなみにAKBについては、そもそもの「好きモデル」とともに、ファンとの距離を近くしたり、メンバーに直接メッセージを発信させることによって「共感型」も組み合わせようとしているように思えます。
AKBのファンの人たちは、押しメンを選んだ理由は、その人の背景の物語込みであることが多く、そのへんの物語を本人たちに発信させるなどしてファンに可視化することで、共感の関係も結ぼうとしているのかなと思います。
自分の言葉で毎日自分のメッセージを発信しているYoutuberなどもその最たるものですね。

この「好きモデル」と「共感モデル」の組み合わせを理解しておかないと、タレントとしてのコンテンツの出し方という点において、うまくいかなくなります。
以前アーティストのオフショットや限定メッセージを見られる有料携帯サイトを運営していたのですが、パンクジャンルに属するバンドのファンの登録者数はとても少ないものでした。それは、パンクについてはアーティストが提供するパンクの音楽やライブという音楽体験にファンが共感しているからであって、アーティストに「好き」の感情を抱いていないからです。逆に「好き」の方が強いビジュアル系バンドはオフショットなどへのニーズが強いため、登録数が多くなります。

ということで、人気タレントについて、テレビ以外のメディアの多様化とともに、共感型のタレントが今後登場していくと思われますが、ひとつ難しいのは「共感型」のみだと、その関係値を数値で測りづらいところです。

例えば、広告代理店がよく出してくるソーシャル上の影響力を図る指標としてエンゲージ率というのがあります。
これは、タレントが発信した情報がどのくらい「いいね」されているかの率を図る指標ですが、「好き」タイプのタレントだとフォロワーが若年層ということもあって明確に高くなりますが、「共感型」のみのタレントさんだと指標が出ずらいのです。

例えば大量の「好き」を獲得してるであろう菅田将暉さんのこのツイートを見ると


12,601のLikeを取っており1,981,299のフォロワーがいるので、エンゲージ率0.6%です。

そして「共感」をすごく獲得しているであろう堀江貴文さんのこのツイートを見ると


723のLikeを取っており2,807,953のフォロワーがいるので、エンゲージ率0.03%と一桁も低いのです。

「好き」という本能的な感情が介入しない「共感」型のタレントさんの場合は、その主張なりを見れば納得するので指標には表れにくいんですね。
このあたり、注視率とか新しい何らかの指標があると良いのかなという気もします。

レシピット人気の簡単レシピや、料理のコツを聞ける!
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="7868272623"
data-ad-format="rectangle">


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7155255220444757"
data-ad-slot="9345005825"
data-ad-format="rectangle">



▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket