日別アーカイブ: 2017年10月4日

独占する事業を作るには、おじさんに分からないサービスを。

ピーターティールが「ZERO TO ONE」でしきりに競争するな、独占せよ。と言っていました。著書の冒頭に「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」という問いがあるのですが、誰もそんなもの流行ると思っていないけれど、本当はすごくニーズがある(あるいは出てくる)ポイントに着眼する必要があるということです。

頭の良い人たちというのは、定量的なデータを渡されたら等しく頭良く考えて同じ結論に達するため、競争が起こます。なので、独占するサービスを作るには、だいたいの人たちが流行らないと思っているけれど、実はものすごく需要のある市場に注目する必要があるのです。

これを日本でつきつめると「おじさんに理解出来ないサービスを作る」というのが、独占する事業を作るカギになります。日本は先進国の中でもダントツで女性の社会進出が進んでおらず、決裁権を持っている偉いひとたちは”おじさん”ということになります。
そういう”おじさん”たちにとって、市場ニーズがあると思えない領域のサービスであれば参入してこないわけです。

例を挙げると初期のクックパッドなどは、偉いおじさんたちから投資を断られまくっていたそうです。家で毎日料理をしないおじさんたちにとっては、毎日見られるレシピの重要性が理解出来なかったんですね。

あとはピクシブなんかもそうだと思います。後からよくよく考えるとコミックマーケットがあれだけ盛り上がっていたり、自分の描いた絵を見てほしいという欲求はすごく多かったと気づかされるのですが、会社の中で一日じゅう過ごして家に帰る生活を送っているとオタク文化や絵師の文化に触れる機会はないわけで、その潜在的なニーズには気づけないわけです。

ゆえに、会社の偉いおじさんたちから見て異世界の分野だけど、一定量需要があるみたいなところが、勝ち筋なんだなと思います。

このロジックと合わせて、可処分所得がそれほどない前提で考えるというのが、重要になってくる気がしています。企業の中で新規事業を考える人はそこそこお金持ちなので、自分の可処分所得ベースで考えてしまいます。
例えば「メルカリ」についても「モノを売った金額より、モノの写真を撮って交換したり、発想する手間に係る時間コストの方が大きくなる」なんて考えてしまいがちです。
しかしZOZOTOWNのつけ払いがめちゃくちゃ利用されていたり、「CASH」が利用停止になるほど使われていたりということを考えると、目の前のマイクロクレジットへの需要がものすごくあるわけです。

ということで、自分の周りのクラスタとは別にマジョリティが世の中にある、という前提に立つことが大事ですし、毎日ちゃんと”生活したり””遊んだりする”という一連の行動が、「賛成する人がほとんどいない、大切な真実」という思考に結びつくように思います。