日別アーカイブ: 2016年8月4日

iPhoneのアイコンが角丸である理由は、初代マッキントッシュ開発時にさかのぼる

iPhoneのアイコンが角丸で、Appleのイヤホンが真っ白な理由

スティーブ・ジョブズが亡くなったのは、iPhone4Sが発表された翌日の2011年10月5日でした。ジョブズが亡くなってから早5年が経とうとしていますが、今もまだアップル製品を手に取れば、ジョブズがデザインにかけた哲学がかいま見られます。
例えば手元のiPhoneを手にとってみてください。角丸のアイコンが整然と並んでいます。もし目の前にMacがあれば、何か適当にスクリーンを開いてみてください。スクリーンの四隅も角丸で構成されているはずです。iPhoneのアイコンが角丸である理由は、初代マッキントッシュの開発時に遡ります。

初代マッキントッシュは、真っ黒な画面にコードを直接打ち込んでいたそれまでのパソコンを一新し、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を実現しました。開発に参加していたエンジニアのビル・アトキンソンは、ある日スクリーンに円や楕円を素早く描けるアルゴリズムを思いつきます。アトキンソンのデモを見た開発メンバーは感嘆したと言いますが、ジョブズだけは例外でこんな一言を言い放ったそうです。

「円や楕円はいいけど、角を丸めた長方形は描けるのかい?」

アトキンソンは、そこまでやる必要はないし、やろうとしてもほぼ無理であることを説明したそうですが、ジョブズはどうしても長方形の角丸にこだわったそうです。

「角を丸めた長方形はそこいらじゅうにあるんだぞ!」
ジョブズはさっと立って声を荒げる。
「この部屋を見てみろ!」
ジョブズは、ホワイトボードにテーブルトップなど、角を丸めた長方形のものを次々とゆびさす。
「外に出ればもっとたくさんある。どこを見てもあるくらいだ!」
こういうとアトキンソンを連れ出し、車の窓にビルボードの広告、道路標識などをゆびさしていく。ジョブズによると3ブロックほど歩く間に17個の実例を見つけたという。アトキンソンが納得するまで、それを次々と指摘したのだ。
「駐車禁止の標識を示されたところで言いましたよ。『わかりました。降参します。角を丸めた長方形を基本命令の形として用意します』と」

この出来事をきっかけに、MacやiPhoneなどApple製品におけるスクリーンの形は、すぺて角丸の長方形となったのです。さらにiPhoneやiPodを持っている人は、イヤホンを見てみてください。Apple製品のイヤホンは真っ白です。これはiPod開発当時にデザイナーのジョナサン・アイブがこのカラー=ピュアホワイトにこだわり、ジョブズがそれを支持したからだと言います。

このデザインについてアイブはこう語っている。
「小さな消費製品というのは、たいていは、ポイッと捨てられても問題ないような雰囲気があります。文化的な重みがないのです。iPodについて私が一番誇らしいと思う点は、重要性が感じられ、ポイ捨てできる雰囲気ではないところです」
単なる白ではダメ。”ピュア”ホワイトでなければならない。
「機器だけではなく、イヤホーンやそのワイヤ、電源も”ピュア”ホワイトでなければならないと思いました」
当然ながら、イヤホーンは一般的な黒にすべきだとの意見が多かった。
「でもスティーブはその意味をすぐに理解し、ホワイトを支持してくれました。白には純粋さがあるのです」

ジョナサン・アイブの意見をジョブズが支持したからこそ、今に至るまでApple製品のイヤホンは真っ白なのです。iPod発売時の広告は、黒い人物のシルエットにiPodと真っ白にうねるイヤホンが偶像的に配置された印象的なビジュアルでした。

ジョブズは、デザインを身体性に裏打ちされた感覚で判断していた

ジョブズはデザインについて強いこだわりを持っていたことで知られていますが、ジョブズ自身がデザインのアイデアを出すというよりは、他者が出したアイデアについての取捨選択が上手かったのだと思われます。そして、その判断はジョブズが「リベラルアーツとテクノロジーの交差点」というスローガンを掲げたように、ロジックというよりは身体的に判断されることが多かったようです。Appleのデザイナーであるジョナサン・アイブはこのように話しています。

デザインの大半は会話形式で進めます。テーブルのまわりを歩き、さまざまなモデルに触れてみながらやり取りをするのです。スティーブはごちゃごちゃした図面を読むのが嫌いで、モデルを目で確認し、身体で感じる方を好みます。

ジョナサン・アイブ

ジョブズが製品デザインについて、10年も20年も前に決断したことが、今のApple製品にも未だに息づいています。Appleのシンプルなデザインを実現するためには、良いデザインを採用するよりは、むしろ悪いデザインにNOということのほうが100倍は多かったでしょう。現在のApple製品のデザインは、ジョブズの残酷までの率直さに支えられているとも言えます。

僕は自分を暴虐だとは思わない。お粗末なものはお粗末だと面と向かって言うだけだ。本当のことを包みかくさないのが僕の仕事だからね。自分がなにを言っているのかいつもわかっているし、結局、僕の言い分が正しかったってなることが多い。そういう文化を創りたいと思ったんだ。僕らはお互い、残酷なほど正直で、お前は頭のてっぺんから足のつま先までくそったれだと誰でも僕に言えるし、僕も同じことを相手に言える。ギンギンの議論もしたよ。怒鳴りあったね。あんないい瞬間は僕の人生にもそうそうないほどだ。僕は、「ロン、この店はまるでクソだったね」ってみんなの前で言える。全然平気なんだ。「こいつのエンジニアリングは大失敗だったな」って、責任者を前にして言うこともできる。超正直になれるーこれが僕らの部屋に入る入場料なのさ。

一見非合理なデザインは、AppleをAppleたらしめるアイデンティティとなる

ジョブズは自分が最高だと思える以外の物を否定し続けることで、デザインの調和をシンプルに保ってました。しかし、死後5年が経ち、もし彼がいれば否定していたであろうプロダクトが、アップル製品に見られるようになります。
例えば、ジョブズが最後に関わったiPhoneは4Sが最後ですが、その後のiPhone6や6Plusは画面サイズが拡張されます。ジョブズは、他社から7インチのタブレット端末が発売された際「発売された時点で死んでいる (DOA)」と発言しました。しかし、その後Appleはほぼ同じようなサイズのiPhone6Plusを発売します。確かに画面が大きいため動画の視聴に向いており、実際にiPhone6及び6Plusの販売数もiPhone史上最高を記録したようですが、もしもジョブズがいたら「手に馴染まない」という理由で却下していたような気もします。デザインを合理的なロジックではなく、身体性から感じる直感で判断していたからです。

ジョブズがデザインを身体性で判断していたことがうかがい知れるエピソードとして、Appleに復帰した後にAppleで開発されていた携帯情報端末「ニュートン」の開発を止めさせたことにも現れています。ニュートンには、端末専用のスタイラスペンが採用されており、このペンが大嫌いだったジョブズは「神は我々に10本のスタイラスペンを与えたもうた」と言って、ニュートンの開発を止めます。
その後、神が与えたスタイラスペンを活用できる端末ーiPhoneを開発するのです。しかし、Appleはジョブズの死後にApple Pencilというスタイラスペンを発売します。今はプロユースで使われているようですが、スタイラスペンに対する特許を申請したという情報もあり、今後裾野を広げて販売される可能性もあります。

iPhoneやMacのスクリーンが角丸なのも、イヤホンが真っ白なことにも合理的な理由はありません。ジョブズが身体的な感覚で判断して採用したデザインです。しかし、時を経るとともにスクリーンの角丸や、真っ白なイヤホンはAppleをAppleたらしめるアイデンティティとなるのです。

しかし、iPhoneの画面サイズの拡張やスタイラスペンの発表など、ジョブズなき後のAppleはプロダクトついての決断をを合理的に判断しているように思えます。スマートフォンの通信速度が上がり、動画視聴が増えたため画面サイズが大きいiPhone6や6Plusにはニーズがあります。しかしそれは「動画視聴をするための画面サイズの大きなiPhoneが欲しい」という消費者の合理的な理由によるものです。旧来のアップル製品への「何かよくわからないけど、Apple製品がカッコいい」という購入モチベーションは、スクリーンの角丸や白いイヤホンなど、合理的な理由ではないデザインに裏打ちされていたものです。
これからAppleは合理的な判断をし続け、だんだんと人々はApple製品に不思議な神通力を感じることは少なくなるように思います。

ちなみに、このブログを書こうと思ったきっかけは、マジックマウスが壊れたためマジックマウス2を購入したところ、充電方法がまるでひっくり返ったゴキブリのように見えたためです。これにNOを言える人がいなくなったのかなと。

引用は全て「スティーブ・ジョブズ」講談社刊より