転職に関する定説を、みんなが信じている件

転職

新卒で入ったら3年間は転職しちゃダメ?

今年新卒になった知り合いが、配属先の部署について話してくれました。一応長めに社会人をしている私から見ると、その部署に長年とどまるのはリスクなんじゃないかなーと思いました。一応営業セクションであるものの、親会社や関連企業による商流が出来ているため、実態は営業ではなくて運用なのです。
そのセクションで3年間仕事をしたら、転職したくなっても同じような構造の同じようなセクションに移動するだけで、それでは何も意味がありません。それが嫌であれば、3年間のキャリアを捨てて0から始めるしかないのです。

移動希望を出したとしても、普通新卒は入社後2~3年は部署が変わることはありませんから、私が彼の立場だったら社会人としての基本スキルを1~2年で学びつつ、平行して個人的にもブログを書くとか、何かを作るという活動をして、2年以内には転職の決断をしそうだなと思いました。

意見を求められたので、そのまま思ったことを言うと、「でも、同じ会社に3年いないと、次の職場で雇ってもらえないと言うじゃないですか?」という返答が。これってよく言われますけど、嘘だと思うんですよね。嘘っていうか、確かにお堅いメーカー等の大企業だったらそうかもしれません。(でも大企業はよっぽど前職で実績がない限り中途採用で採らないですが)
しかし、今はその人が、今現在何が出来るか?で見る企業の方が多いと思うんですよね。1、2年の間にブログを書いたり、事業プランを作ってみたり実績を積み上げておけば、3年間の運用業務よりはよほど実績になると思います。

また、私が別の機会に「仕事を辞めたら半年くらいゆっくりしたい」という話をしていたら、「ブランクが空いてしまったら、次の職が探しにくくなるのでは?」という指摘をされました。これもさっきと同じで、その半年に何をやるかという問題だと思うんですよね。ゆっくりしつつも、文章を書いてマーケティングを学んだり、英語を習得したりしておけば、さほど問題にはならないと思うんですよ。

割とまわりの人が、就職や転職に関する定説を信じてるなあと思ったので書いてみました。

Applit 〜チャットで好みのアプリやiPhoneの使い方が聞ける〜
iPhoneアプリ/無料 

ダウンロードする

▼ソーシャルマーケティングやオウンドメディア企画支援を承っております。
お問い合わせはこちらから。
https://torino-inc.jp/
▼良かったらTwitterをフォローしてください
https://twitter.com/toriaezutorisan

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です